RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
GIAへの旅路(改訂版・笑)


私、何がしたかったんだっけ? ←


書けないからって 記事を途中で放置してたら 
何がしたかったのか 忘れそうになっちゃった(ヲイ)
もいっかい おさらいだ〜(こういう変に細かいのがA型・笑)


『CD&DLでーた』2010年9月号の記事に

今回のシングルに入った3曲って、表現方法は違うけど、大きな世界観でトライしてるのか、小さな日常の中で見つけたものなのかの違いだけで、同じなんです。(『CD&DLでーた』9月号27ページより抜粋)

って北川さんが言った言葉が自分にもわかったから
その詳細を残しておこうって思ったんだった。
で、途中で挫折したという・・・(´Д`)


細かく細かく残そうと思ったけど もうやめた。←
もっと単純に。
「あるがままに」(笑)
だから「改訂版」です。





【白髪】

,鯑匹鵑撚爾気辰進はいらっしゃいますかね?
あの、ウザイ物語を(苦笑)

歌詞を見ながら曲を聴いてて 浮かんだのは「アノ」物語(笑)
あれは 何故かハッキリ浮かんだんだな〜
自分自身が似たような生活をしてるからかな?←
白髪の数は1本どころじゃないけどね(泪)

あがいてもどーにもならないことってのが 年齢を重ねるごとに増えていって。
でも そんな日常の中にも ささやかな幸せってのかあるからこそ また1歩先に進めるワケで。
小さな小さな世界の小さな出来事の中にも ちゃんと希望ってのがあって、
その希望と共に これから先も大切な人と歩んでいく

という北川さんの想いを 『白髪』から受け取りました。

シンプルなメロディライン、ハープの音が ほのぼの感を出してるよね。
北川さんに こういう曲を作らせたら日本一!!(何故に上目線)
2人に こういう曲演奏させたら ほっこり度日本一!! ←




【慈愛への旅路】
【風吹く町】

この曲は2つでひとつって感じだから一緒に。

『慈愛への旅路』に関しては、関連雑誌も読んでるし、PVも見てるから
先入観が入ってるかもしれないです。

『慈愛への旅路』は北川さんが作った曲。
「君」の部分を 聴いた人それぞれの「君」に当てはめて聴いてくださいって言ってたけど
私が思う「君」は岩沢さんのような気がしてならないんだ。
岩沢さんと共に これからも「ゆず」として歩いていく決意的な。

『風吹く町』は岩沢さんが作った曲。
岩沢さんの作る歌は(私が思うにだけど)ハッキリした輪郭が見える歌ってよりは
あえて暈して 断片的にシーンを見せてくる歌が多いと思うんだよね。(非常に伝わりづらい表現ではありますが・汗)
でも岩沢さんの伝えたい(ま、ご本人は あえて伝えようとしてないのかもしれないけど)ことは ちゃんとわかるんだよね。
だから私は岩沢さんの作る歌に惹かれるのかもしれないなぁ、なんて。

あの曲は岩沢さんそのもの。
昔の自分に、今の自分だからこそ言える言葉があるって。
だから『風吹く町』を聴いてて 浮かぶシーンに見える人物は やっぱり岩沢さんなんだな。

そんな弱さを抱えた人間が、時間を経て、いろんなことを経験して、本当の意味での「僕はここにいる」と言える強さを身に付けていくっていう歌詞にしたかった。(『CD&DLでーた』9月号27ページより抜粋)

って岩沢さんは言っていて。
したかった。ということは = 希望。
岩沢さんは歌詞の中に 希望を込めたんだね。

北川さんも岩沢さんも 全く別の曲を作ったはずなのに
結果的には「非常に近いところにある曲(北川)」になったって。

両方の歌詞の中に出てくる「あるがまま」
この歌詞の意味が とても深いものなんだよね。きっと

大切な人と一緒にこれからも進んで行く。
未来へ続く旅路。
そんな希望が この3曲には込められてるんじゃないかと思ったワケです。






つー、ことで「GIAへの旅路(改訂版)」これにて終了。

私の「ヘビロテへの旅路」は まだまだ続きます(笑)



author:黒糖れんと, category:勝手にゆずがたり, 11:34
comments(0), -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:34
-, -, - -
Comment